コロナウイルスワクチンについて

日本でもワクチン接種に向けて、話が進んできています。

現状でわかる範囲で記載していきます。

日本で接種される予定のワクチンは、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカの3社によるものです。

A. ワクチンの種類

厚労省の資料より

①ファイザー

主に使用されているワクチンです。

-70℃で輸送し、解凍後に希釈が必要であること、希釈したら速やかに使用する必要があることなど、接種へのハードルが高いワクチンです。

ワクチンの効果は90%程度と高いとされています。これは、ワクチン接種をした上で発症した人数は、ワクチン接種をしないで発症した人数の10%程度であった、という意味です。

つまり、ワクチンを接種しても、以前と比べて10%程度の発症を認めます。接種をしたあとも、しっかりと感染対策を継続することが重要です。

また、イスラエルで広範囲に接種をされていますが、その中で以下のような発表がなされています。

人口の1/4以上が接種して効果が出始めた

https://www.businessinsider.jp/post-228178

1回目のワクチンで85%程度患者数が減少し、2回接種で95%近く減少する。

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-israel-vaccine-idJPKBN2AJ09F

感染しやすさは、人口の密集度合いにも依ると思いますが、イスラエルの人口密度は日本と同等です。

全世界的に3月末から再度流行していますが、ワクチン接種が進んでいるイスラエルでは流行していません。ワクチン接種が進むことで、次の流行を抑えることができる可能性があります。

※副作用ですが、一番は発熱です。接種後翌日~3日くらいにかけて、1割くらいの方が38℃以上の熱を出します。

怖い反応はアレルギー反応です。ワクチンの主成分mRNAが壊れないように、膜で覆います。その膜に対してアレルギー反応を起こす方が居ます。その膜の素材は化粧品などでも使用されているものです。10万人に1名程度の頻度(殆どが女性)で起きるとされています。日本の人口1億2千万人ので、仮に半分接種した場合6000万人。そう考えると、600名程度にアレルギー反応が出ることになります。頻度としては多めですが、重篤な副作用ではないとされており、そこまで問題ではないとされています。

ただし、かなり痛い注射のようであること、筋肉注射であることがネックです。日本のワクチンはほぼ皮下注射ですが、筋肉注射であった子宮頸がんワクチンにおいて全身倦怠感や筋肉痛という副作用報告が非常に多かったです(そのため、接種が中止になった)。日本人において馴染みのない筋肉注射で、かなり痛いと推測されるワクチンを2回接種する、このことが結構大変なのではないかと思っています。接種した翌日は腕が上がらない程に痛くなることが多いとされています。

②モデルナ

ファイザーのワクチンと同等の効果があります。

世界的にファイザーのワクチンが接種されているので、モデルナのワクチンの実際の効果はまだ分かりません。

日本では武田製薬が提携するようです。

-20℃の搬送でよいこと、希釈が不要なこと、保存期間が比較的長いことから、通常の薬剤の流通と同様に回すことができる可能性が高いです。5月以降に認可をうける可能性があるとされています。

③アストラゼネカ

メリットは安いことです。また今までのワクチンと同等の輸送経路で済むこともメリットです。

しかし、効果は少し弱いと推測されます。

その理由として、治験のデータが変な事が挙げられます。

1回目に規定量の半量を、2回目に規定量を接種した場合に、効果は90%。

一方で、1回目、2回目ともに規定量を接種した場合に効果が60%と発表されました。

量が少ないほうが効果が高いという報告です。

その後、効果が高いとされた群は若年者が多かったとのこと。

つまり、臨床試験として不正確なのです。

年齢関係なく接種した場合、さらに効果が低下する可能性があります。

おそらく50%程度の有効性なのだろうと思います。

若い人を対象にした臨床試験でも効果がやや弱いため、ヨーロッパでは55歳以下や65歳以下に絞ろうという動きがあります(臨床試験は55歳までだった)。

ワクチンが非常に安いのがメリットで、途上国などではアストラゼネカが主流になるでしょうが、先進国はファイザー・モデルナが主流になると推測されます。

政府発表では、 ファイザーから1億4400万回分、モデルナから5000万回分、アストラゼネカから1億2000万回分の納入予定とされていますが、効果面を考えるとまずはファイザーがメインと思われます。

B. ワクチン接種の流れ

ワクチン接種が具体的になりました。

開業医含め、医療従事者の接種が4月19日から開始になります。2回目の接種が5月10日の週です。

医療従事者の接種が終了したら、クリニックでの住民接種が開始になります。

75歳以上の患者様に対し、4月23日ころを目安に受診券が郵送されてきます。

4月24日に、川崎市がワクチン予約サイトを立ち上げます。

5月10日からクリニックでの接種(実際には17日ころから開始へ)、11日から集団接種が開始になります。

各区の公民館での集団接種と、川崎市内の約半数の医療機関での個別接種が平行して行われます。

その後、65歳以上に受診券が送られます。次が基礎疾患がある人、最後に元気な若い人、という流れです。

ワクチン接種は来年の2月まで続く予定です。

当院でも接種します。しかし、診療しながらの接種なので、接種できる人数に制限があります。ご了承ください。