診療報酬改定について

2022年4月1日に、診療報酬改定が行われました。

2年に1回の大改訂になります。

ポイントと当院の対応を記載します。

①リフィル処方箋の開始

1枚の処方箋を最大3回まで使い回すことができるシステムです。

処方箋のリフィルに記載をすれば可能になります。

リフィル処方箋は最大3回まで、処方日数は90日までです。

30日処方を3回リフィルする、というのがイメージに近いと思います。

ただし、日数制限、枚数制限のある薬剤は対象外です。例えば、睡眠薬や湿布です。

また、リフィル処方箋は、前回からの日数±7日以内、という日数制限があります。

例えば、30日処方の場合、前回の処方日から30±7日で薬局に行く必要があります。

その機嫌が切れた場合、延長はできません。

このことから、非常に使い勝手が悪いと想定されており、当院では導入しない予定です。

②湿布の枚数制限

今まで1回に70枚まででしたが、63枚までに減りました

③マイナンバーカードの活用

マイナンバーカードを保険証にすることが可能です。

保険証にした場合、その報酬としてクリニックが受け取る費用が増えます

患者さん側のメリットは、保険証を持ち歩く必要がない程度、デメリットは費用負担の増加です。

そのため、当院では導入予定がありません

④各種手当ての増加

医療費として算定できる項目が、各々拡張されました。

当院では請求をする申請をしていないため、費用の変化はありません。