発熱外来(9月26日以降)

9月26日〜、コロナ患者様の全例報告が中止になります。

65歳以上の人や妊婦さんなどの、ハイリスクな人のみが保健所のフォローアップになります。

そのため、ほとんどの人は、保健所が介入しなくなります。

(保険金も出ないです)

また、10月1日からは、発熱患者さんに対する診療加算がなくなります。

これは発熱外来を維持するための加算でしたので、10月から「発熱外来が不要である」と国が判断したことになります。

そのため、対応を変えていきます。

①自宅で検査をして陽性であった場合

医療機関は、保健所に報告しません

 (医療機関への報告は、医療機関で検査をした場合のみに限定されました)

 患者さんが、神奈川県が設置している「陽性者登録窓口」で登録をしてください。

 登録をすることで、急変時対応が可能になったり、食事の宅配サービスの申込みなどができます。

 なお、療養証明書は(保健所からも医療機関からも)発行されません。受診に関わらず、療養証明書は発行しません。療養証明書目的での外来受診は避けてください。

・診察が必要な場合、医療機関に電話して対応が可能かどうかを確認します。

 「陽性者登録窓口」に登録済の患者さんは初診料も含めて公費(無料)、登録未の患者さんは初診料負担あり・処方は公費(無料)になります。

※コロナに対する特別な治療はないので、基本的には市販薬を飲んで眠るのが治療法になります。

 若くて元気な人は、家で療養をするように、というのが国の方針なので、それに則り、当院では診療対応していません

 なお、病状が悪化する可能性のある65歳以上の方は、今まで通り保健所介入が必要になるため、対応させて頂きます。

②PCRセンターで陽性であった場合、他院で診断済の場合

 ・受診に関わらず、患者さん自身が「陽性者登録窓口」に登録をしてください。

  ただし、検査センターに付随する医療機関が登録することがあるため、検査センターに問い合わせてください。

 ・診察が必要な場合、医療機関に問い合わせてください。診療費はすべて公費(無料)になります。

※コロナに対する特別な治療はないので、基本的には市販薬を飲んで眠るのが治療法になります。

 若くて元気な人は、家で療養をするように、というのが国の方針なので、それに則り、当院では診療対応していません

 なお、病状が悪化する可能性のある65歳以上の方は、今まで通り保健所介入が必要になるため、対応させて頂きます。

③検査を実施していない発熱患者さん

 今までは2類感染症として対応していました。PCR検査を基本にしていました。

 しかし、これから制度が変わります。

 そのため、今後は費用のかかるPCR検査を原則実施しません

 流れを以下に記載します。

 ・事前にお電話で、熱があること、検査をしたいことをお伝え下さい。

  来院時間をご指定します。

 ・来院後、別室にご案内します。そこで、鼻腔拭い液を採取します。

  鼻腔拭い液は、鼻に綿棒を2cm程度入れるだけです。

  (奥まで入れる訳ではないので、痛みはあまりありません)

 ・コロナ抗原検査および、インフルエンザ抗原検査を実施します。

  15分で結果が出ますので、結果に応じて診療をします。

 ※診療後に検査をするか決めたい、とおっしゃる患者さんがいます。

 しかし、診察所見のみで感染しているかどうかの判断はできません。

 ※富士フィルムの増感できる機械で検査をします。鼻咽頭拭い液(鼻の奥まで綿棒を入れる)と鼻腔拭い液(鼻の入り口で採取する)で、検査結果の差は僅かです。そのため、痛みのない鼻腔拭い液を基本とします。インフルエンザは、発症から4時間程度で陽性になります。そのため、発熱後4時間以上経過した状態で検査します。検査に15分かかるため、完全予約とします。

 なお、コロナ抗原検査は、24時間以内の場合陽性率がやや下がります。

 ※検査結果で陽性であった場合、当院より陽性者数のみを登録します。その後の流れは、診察の際にご案内します。療養証明書は発行されません

 ※検査結果陰性であり、かつ65歳以上や妊婦などのハイリスクの患者さん、酸素飽和度が低い患者さんは、続けてPCR検査のご案内をします。結果は翌日に電話報告となります。

 ※ご家族様がコロナ陽性の患者様

 症状を有した場合、コロナの可能性が極めて高いです。自宅療養をお願いします。

 症状を有していない場合の検査は、医療機関では出来ませんので、検査希望の方が無料検査場にいきましょう。

※最後に

コロナが流行してから、約3年経過をしました。9月26日から、大幅に流れが変わります。そのため、落ち着くまで少しバタバタする可能性があります。また、同時にインフルエンザワクチン接種やコロナワクチン接種があります。電話を受ける事務・看護師さんの負担が非常に大きくなっていますので、お電話の際にはどうか穏やかな気持ちでお願いします。