開業4カ月の総括と、今後について

早いもので、開院して約4ヶ月が経過しました。

8月は夏休みがあった影響で、その前後が特に混んでしまいました。夏休み明けの16日は約40名の患者さんに来院頂きました。本当にありがとうございます。また、夏期休業により御迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。

当院も少しずつ混み始め、時間帯によっては待ち時間が長くなってしまっており、申し訳ありません。月、水、金、土の午前中が混雑することが多く平日午後と火曜日が比較的すいています。混んでいる月・水・金・土の午前中も、11時を過ぎると非常に空いています。現在1日20~40名くらいの患者さんに来院頂いていますが、殆どの方が月・水・金・土の9時~11時に固まっている現状であり、お時間に余裕がある方は、調整をお願いします。

次に、当院にいらっしゃっている患者さんの特徴を記載します。

<年齢>

最も多いのが30歳代、次に40歳代、そして未成年の順になります。若い方が多い印象です。風邪で御来院頂く方も多いため、若い方が多いのかもしれません。

毎日数人の0~6歳ころの子供たちが受診にきてくれます。子供たちは本当に可愛く、早く治してあげたいという思いが高まりますね。当院の職員たちは、子育てをしているお母さんたちが多いため、お子さんの対応に慣れていますので、お困りの時はお声がけください。

<病名>

一番多いのが風邪です。次に高血圧でした。他には高コレステロール血症や高尿酸血症・痛風の方が多い印象です。

また当院には、心療内科の方も沢山御来院なさいます。眠れない、つらいという方が毎日初診で来院なさいますが、お話を聞かせて頂き、しっかり処方することで、元気になっていく姿を見るのが本当にうれしく、頑張っています。ストレスが強く、またストレスを吐き出すことが出来ない時代であり、精神的な悩みを抱える方が増えている印象です。

もう一つの特徴は、点滴をしている方が多いのかなと思っています。下痢が酷い方や、ご高齢者の発熱など、無理せずに点滴をした方が改善が速いです。点滴後に非常に元気になる方が多いです。無理に整腸剤や抗生剤の内服のみで頑張らずに、必要に応じて適切に点滴をすることで改善するスピードは数倍になります。

色々な病気を拝見したいというのが開院のコンセプトの一つです。そのため、ニキビで来院なさる方、更年期障害の方、帯状疱疹の方など、様々な病気の方が来院なさっているのも、当院の特徴です。本当にありがたく思っています。

<初診、再診>

同じ病名で継続的に治療を受けている方を”再診”、前の治療した病気は治り、新たな病名として治療をする場合を”初診”といいます。徐々に再診の方が増え、現在では1:1くらいになりました。開院してからの期間が経過すると、再診の方が大半を占めるようになっていきます。今はまだ半々です。診察をさせて頂く際に、心療内科の初診の方、高血圧などの再診の方、風邪の初診の方など、色々な方が混ざります。そのため、患者さんの背景によって診察にかかる時間が変わっていくため、待ち時間が長くなってしまうことがあり、本当に申し訳ございません。可能な限りスピードアップして頑張ります。

<決済について>

8月からQRコード決済を開始しました。PayPayとLINE Payが開始になっています。今後、メルカリペイ、d払いなど、徐々に拡充していきたいと思っています。今は、1日2件程度のPayPay、SUICAやiDが複数人、という印象です。

<これからについて>

9月になるとインフルエンザワクチンの準備を始めていきます。そして10月から接種が開始になります。

まだワクチンをどのくらい用意できるのか不確定ですが、可能な限り多く集め、費用を抑えて接種したいと思い調整をしています。EPARK経由で予約をすると、EPARKから接種費用の補助(1000円キャッシュバック)される制度も導入し、可能な限り費用を抑えて、大勢の方に接種頂き、インフルエンザの蔓延を防ぎたいと思っています。

インフルエンザワクチンは0歳から接種しようと準備を進めていますので、ご家族で接種に来ていただきたいと思っています。

9月下旬ころには、料金がいくらになるのか、どのような予約体勢になるのか、ご案内できると思いますので、もう少しお待ちください。ワクチンの予約は、EPARK経由のネット予約と、電話予約の2本体制にしようと思っていますが、その詳細も9月には掲示させて頂きます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です