お子様の予防接種について

令和2年度の予防接種について、川崎市医師会で説明会がありました。その変更点および、当院の対応を記載します。

①変更点(令和2年10月~)

・ロタウイルスが定期接種へ<当院では実施しません。申し訳ありません>

ロタウイルスの予防接種をしておくことで、胃腸炎で入院する頻度が半分以下に減るという結果がでています。

そのことから定期接種になります。

ワクチンは、 ロタリックス(1価ワクチン、2回接種)、ロタテック(5価ワクチン、3回接種)の2種類があります。

抗体形成はロタテック3回の方が良いですが、入院を予防するという点では効果に差がないという結果です。

 変わりがないならロタリックス 2回が良いですよね。

ロタリックスで始めたら最後までロタリックスで、となっており、2種類のワクチンを途中変更は出来ません。

令和2年8月1日生まれ以降の方が定期接種の対象になります。

腸閉塞の副作用があるため、腸閉塞を起こしにくい時期の投与が望ましく、生後2、4、6ヶ月(6ヶ月はロタテックのみ)で投与します。

飲み薬になりますが、仮に吐き出しても効果は変わりないため、再投与はしないことになりました。

・予防接種の間隔の撤廃

生ワクチン(注射)と生ワクチン(注射)の間隔は28日以上開けること、これは変更ありません。

しかし、それ以外のワクチンは、接種間隔は一切問わないことになりました。

スケジュールをたてることが容易になります。

今までではスケジュールの問題で、1回に数本打つことがありましたが、これからは別日に打つことが可能です。

・百日咳ワクチンの検討

現在使用されている百日咳ワクチンの効果が薄れ、世界的に流行するようになりました。

そのため、ワクチンを変更しようと検討が始まっています。

数年後の変更に向けて検討が始まっています。

おそらく数年以内にワクチンが変更になります。

・HPVワクチンの接種勧奨

副作用で一時期中止になっていたHPVワクチンが接種勧奨に切り替わります。

筋肉注射に伴う副作用がありましたが、それ以上に、接種しなかったことで発症した病気の方が多いという判断です。

日本では2価、4価のワクチンが使用されています。悪性度の強い2つの型をブロックする2価か、悪性度の強い2つの型+次に悪性度の強い2つの型(合計4つの型)をブロックするか、の違いです。効果に差は余りありませんが、世界的には7価などが使用されていることを考え、当院では4価ワクチンを使用しています。

②当院での対応

開業した初年度は、3歳以上を対象としました。

この理由は、赤ちゃんは余り受診しないであろう、小児科で対応したほうが良いだろう、という判断です。

しかし、嬉しいことに赤ちゃんが受診してくれるようになりました。そこで適応範囲を広げています。

現在ではBCG、ロタウイルスワクチン以外のワクチンすべて対応しています。