熱が出ました

”熱が出てしまった”と来院なさる方が増えています。

with コロナの時代。熱が出てしまったときの対応を記載します。

①この熱はコロナ?それ以外?

正直、わかりません。

検査をしないと、はっきりしたことは言えません。

ただ、検査をしている実感としては、

1回でも38℃以上の熱が出ている人は陽性のことが多く

お腹の症状(下痢、腹痛)+熱のみの場合は陰性のことが多いです。

また、未就学児はコロナ感染者が少ないです。

コロナの検査には2つあります。状況に応じて使い分けをして、判断します。

PCR検査検査→正確性は約8割です。唾液を採取してもらって検査をします。発症から24時間以降の検査が有効と言われています。

 メリットは少量のウイルスでも検知できること、自己採取ができるため、検査の際に周囲に移す可能性が低いことです。

 デメリットは、検査結果が出るまでに時間を要することです。

抗原検査→正確性が6~7割と低下します。ウイルス量が多くないと反応が出ません。

 そこで発症から2日~9日であること、症状があることが条件になります。

 また正確性が低いため、1回の検査だけではしっかりと否定できないです。

※デルタ株はウイルス量が多いため、抗原検査でしっかりと陽性になりますが、それ以前のアルファ株、ベータ株などの際には、抗原検査の正確性が非常に低いため、必ずPCR検査をするように指導されていました。そのため、今後の変異株によって、抗原検査の有用性が下がる可能性があります。

以上のことから、以下のように当院は対応しています。

発症日→PCR検査でも抗原検査でも、結果は出ません。元気なら待ちましょう。

発症2~9日→強く疑わしいときはPCR検査を、それ以外は抗原検査をします。

発症10日~、無症状→PCR検査

発症から2~9日は、PCRでも抗原検査でも出来ます。しかし、強く疑わしいときは、検査をする医療者が感染しないようにすること、抗原検査は正確性が低いことから、PCRを選択しています。

いずれの場合にしても、来院時間の調整、ご注意(PCRの場合には飲食禁止がある)があることから、必ず医療機関に電話してから受診してください。

②この風邪は経過をみても良いの?

ウイルス感染の場合、時間とともに治ります。しかし、細菌感染症の場合には、抗生剤を服用しないと改善しません。

そのため、今の風邪が抗生剤が必要な風邪かどうか、が重要になります。

まず、風邪というとどのような症状を思い浮かべますか?

”熱” ”だるい” ”関節が痛い”

このような症状は、インフルエンザ様症状といい、ウイルス感染症共通の症状です。

風邪の9割がウイルス感染症です。

1割の細菌感染症、それは急性扁桃炎と急性副鼻腔炎です。

急性扁桃炎

急性扁桃炎は細菌感染症なのに、インフルエンザ様症状を呈します。

扁桃腺をチェックしましょう。感染すると、白く汚くなります。

首の付根を押すと痛みがあるときも、扁桃腺が腫れている可能性があります。

扁桃腺が腫れている、汚い場合には、急性扁桃炎ですので、これは抗生剤を服用する必要があります。

急性扁桃炎は、高熱、関節痛を伴うことが多く、ウイルス感染症と症状が酷似します。

まず喉をチェック問題なければ、1日経過をみましょう

扁桃腺が汚い場合には、医療機関に行き、抗生剤の服用が必要か、診療を受けましょう

・急性副鼻腔炎、急性中耳炎

風邪をひくと、多くの方が喉が痛くなります。その後、鼻水、咳と症状が変化します。

一旦引いた鼻水が再度ぶり返してくることがあり、それを副鼻腔炎と言います。

そのため、急性副鼻腔炎は、風邪から数日経過して発症することが多いです。

例外はお子様で、急激に副鼻腔炎になることがあります。また耳が近いので、中耳炎になってしまうこともあります。急激に進行した副鼻腔炎・中耳炎は、「頭が痛い」「耳が痛い」という症状になります。

激しい頭痛や耳痛を伴わない急性副鼻腔炎は、抗生剤を服用すると少し早く改善しますが、内服しなくても自然に軽快します。内服しないと3週間、内服すると2週間で治る、と言われています。

つまり、喉が腫れていて白い、激しい頭痛や耳痛がある場合には、病院受診が望ましいですが、それ以外は自然に改善しますので、家で経過観察でも問題ありません。

③受診の際の注意

コロナウイルス感染症の診療拒否などが問題になりました。

そこで、熱、風邪症状のある人を診療すると、診療費が上がることになりました。

具体的にはトリアージ加算300点、二類感染症加算250点が算定されます。

これに加え、初診料・処方せん料などで300点。合計すると約900点の診療報酬になりました。

3割負担の患者様で2700円になります。

このように医療費は上昇しています。

神奈川県が無料でコロナ抗原キットの配布をしていますので、それを利用し、市販薬で経過をみるのも良いのかもしれません。

受診なさる場合には、必ず医療機関に事前に電話をお願いします。ー