高血圧について

最も多い内科疾患の高血圧について記載します。

高血圧のガイドラインが変更になりました。

①基準値

診察室血圧が140/90mmHg、家庭血圧が135/85mmHgです。基準値は以前と変わりません。

診察室のような緊張する環境では血圧が上昇するため、診察室と家で差が付けられています。

緊張が強い方は、診察室の血圧が上昇しやすく、白衣高血圧と言います。医師をやっている僕ですが、測定されるのが苦手で、血圧は急上昇し、白衣高血圧に該当します。

②降圧目標

診察室血圧が130/80mmHgで、家庭血圧が125/75mmHg。糖尿病や脳梗塞の既往などのハイリスクな方はさらに下げていきます。

75歳以上の高齢者の降圧目標は140/90mmHg未満、さらにハイリスクな人は降圧目標が130/80mmHg未満とされています。

③降圧治療の今後の流れは?

昔のガイドラインでは、血圧が低すぎると寿命が短くなるとの統計結果から、下げすぎてはいけないと長らく言われてきました。血圧が低い人は人数が少なく、1人でも病気を有している人がいると、統計的にぐっと悪い結果になってしまいます。そこで低血圧の方を大勢集めて統計を取り直したところ、低血圧に起因する病気は無く、血圧が低ければ低いほど長生きをするとの結果に至りました。

そのため、世界のガイドラインでは、130/80mmHg以上を高血圧として、多くの方へ治療を受けてもらうように方針を変えています。改定される度に、血圧の正常値が下げられ続けている経緯があります。

日本においても130/80mmHgを基準値にしても良かったのではないかと思いますが、高齢者の大半が高血圧になってしまうため、基準値を厳しくすることは無かったのかなと思います。

日本には高血圧なのに治療を受けていない人が1500万人程度いると言われており、健診などを介して、積極的に治療を受けていただく必要があります。

④治療は?

減塩で血圧は5mmHg程度低下します。また運動で5~10mmHg程度低下します。

生活習慣の改善で10~15mmHg程度低下するわけで、生活の改善が重要です。

薬でいくと、カルシウム拮抗薬と言われる薬剤をまず使います。僕はアムロジン(ノルバスク)を一番使っています。理由は、ゆっくりした効果で体に優しいこと、そして安いことです。降圧薬は長年内服するので、費用負担が少ない薬を選ぶことも重要です。

次に、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬を使います。薬でいうと、ニューロタン、ミカルディス、オルメテックなどです。臓器を守る効果があるとされる長所がある一方で、薬が非常に高価(カルシウム拮抗薬の5倍近い)という欠点があります。

カルシウム拮抗薬とアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬の合剤もあるので、それらを使って目標血圧を目指します。

※高血圧の正式名称は”本態性高血圧”です。本態性とは原因がはっきりせず、加齢に伴う変化であろうとされていると理解して頂いて良いです。

一方で原因のある高血圧があります。これを”二次性高血圧症”と言います。一番多いのが原発性アルドステロン症です。若年者で、体も痩せている、それなのに高血圧、という場合には血液検査で調査することをお勧めします

⑤注意すること

早朝高血圧に注意が必要です。

一日中血圧が高い人と、早朝に血圧があがる人がいて、危険なのは早朝高血圧です。

体が起きたと交感神経が興奮して血圧が急上昇しますが、その際に脳梗塞や心筋梗塞が起きます。そのため、これらの病気は朝に多いとされます。

早朝高血圧の方は眠る前に薬を飲みます。一日中高い人は朝薬を飲みます。

どちらなのかを判断するためには家での血圧測定が重要になります。

•血圧が高いけど、大丈夫??

調子が悪くて血圧を測ったら180だったという方がいらっしゃいます。問題ありません。血圧が高いことで体が壊れるというエビデンスはありません。実は、高血圧のせいで病気になったというのを経験した医師はいないとされます。

180/120程度まで上昇すると危険ではないかとされていますが、これも循環器の医師の経験に基づくもので、エビデンスはありません。

この際によく話に出るのはキリンです。

キリンは首が長いため、血圧は250くらいありますが、だからといって倒れることはありません。

体調が悪い➡︎体が頑張る➡︎血圧が上がる、とされています。”体調が悪い”ことを治せば、血圧は下がります。

最後に

高血圧は国民病です。長らく高血圧が続くと、血管への負荷により動脈硬化に至ります。血圧高めと言われている方が、一度ご相談に来院ください。また、この文面での高齢者というのは、元気に動き回っている方をさします。活気が低下した場合や認知機能が低下している場合には、降圧薬を適宜弱めるなどの調整が重要です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です