診療に関して

開業して、約3年経過をしました。

開業当時は、1日10名程度の患者数でしたが、最近では1日60~100名ほど来院頂くようになりました。

混雑に伴い、待ち時間が長くなっています。

診療に関して、いくつか記載していきます。

①当院診療科に関して

開院する前、総合診療科として地域基幹病院勤務、消化器内科として大学病院で勤務、その後、訪問診療をしていました。

総合診療をしていたときには、喘息などの呼吸器患者様が主な外来でした。

何でも拝見するクリニックを目指して開院をしましたので、基本的にどのような病気でも拝見していきます。

当院に来院なさる患者様としては、高血圧などの生活習慣病、心療内科領域、お子様の風邪が多い印象です。

最近では、ニキビ、乾燥肌といった皮膚科の相談、夜尿症の相談、減感作療法含めたアレルギー疾患の相談が増えていると思います。

できれば心も体も拝見していきたい、と思っています。状況に応じて心療内科の患者様をお断りしていましたが、徐々に再開していこうと思っています。

②診療予約に関して

事前に予約頂く患者様が半分ほど、予約なしで来院なさる方が半分ほど居ます。

予約を優先したいですが、「今日風邪をひいてつらい」というのを断るわけにいきません。

そのため、30分の時間帯予約とし、30分に6名ほど(1名5分)で診察できるように、予約の人も、予約外の人も拝見しています。

30分に「事前に予約を頂いた3名+予約外の3名」、という感じで拝見していきますので、多数の予約外の患者様がいる場合には待ち時間が長くなります。

できれば事前予約をお願いしています。

最近では、事前予約を頂いた患者様で来院から30分以内に、予約なしの患者様で来院から1時間以内に拝見していることが多いです。

③処方日数について

薬調整が必要な患者様は2週間処方、安定したら30日処方を基本としています。

またお子様の風邪は長引くことが多いため、7~14日処方にしています。

湿布は1回に最大63枚、月に最大126枚(月2回診療)です。

保湿剤などは200gくらい処方し、たっぷり塗布頂きたいと思っています。

④訪問診療に関して

現在10名程の訪問診療をしています。

月に1~2回の訪問診療をしています。

平日昼休みに訪問診療に行きますが、月の殆どの日程が埋まっています。

現時点では、追加で訪問診療を開始する余裕はないです。

⑤ワクチンに関して

BCG、ロタ以外のワクチン接種をしています。

コロナワクチンは延3000名、インフルエンザワクチンは年に1500名ほど接種をしています。

各種自費注射や、お子様の注射などを対応していますので、事前に御電話いただければと思います。

⑥不安、不眠の患者様に対して

不安、不眠を感じた場合、多くの方が内科を受診します。

コロナの業務が多かったときには、心苦しく思いながら、お断りしていました。

しかし、コロナ患者数が減少し、徐々に再開していきたいと思います。

ただ、うつ病を背景とした不眠・不安の場合、精神科受診をご案内する可能性があります。内科で診ていくことができる範囲は対応しますが、精神科で対応するほうが望ましい患者様は他院をご案内します。どうかご了解ください