帯状疱疹について

今週、帯状疱疹の患者さん、帯状疱疹後神経痛の患者さんが来院なさいました。帯状疱疹は一生に1回くらい経験する病気です。原因や対策を記載していきます。

<帯状疱疹とは>

幼少期に感染をした水痘ウイルスの再燃によって生じます。 幼少期に感染した水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV:varicella-zoster virus)が体の神経節に潜み、ストレスを感じたり、免疫力が落ちたとき(抗がん剤治療をした時など)に、ウイルスが再活性化して生じます。

年齢とともに発症頻度が増え、年間で70歳代では人口1000人当たり7.8人発症します。 全年齢では人口1000人当たり4人発症とされ、幸区の人口が15万人ですので、年に600人程度発症する計算になり、かなり高頻度と言えます。80歳までに3人に1人は経験すると言われますが、もっと多い印象です。

季節では夏に多く、性別は女性が多いとされます。

<症状>

皮疹出現の2~7日前に、痛み、ピリピリ感、かゆみなどが生じます。その後、同部位に赤み・水疱を伴う皮疹が出現します。数日すると水疱が膿み、7~10日で痂疲化し、約3週間で治癒します。

皮疹の出現は、片側性であること、皮膚の神経支配(デルマトーム)に沿って出現することが特徴です。

図1 デルマトーム

<診断>

片側性のデルマトームに沿った皮疹が出現した場合には、帯状疱疹を強く疑います。しかし、痛みや痒みが先行すること、皮疹が軽度であることも多いことから、診断が難しいこともあります。特に頭部や陰部など、デルマトームに沿っているのか、判断が難しい際には診断に難渋します。

診断が難しい場合には、迅速キット(デルマクイックVZV)などを使用して検査をしますが、この検査キットは余り普及していません。診断が難しい場合には、皮膚科を受診いただき、迅速抗原検査を実施することがあります。

<治療>

①抗ウイルス薬

なるべく早期に抗ウイルス薬を投与して、ウイルス量を下げる必要があります。診断が難しい場合、疑わしい場合には、投与します。仮に帯状疱疹であったときに、投与開始が遅くなることで、後遺症が強く残ることがあるので、なるべく早期に投与開始をします。

抗ウイルス薬(アシクロビル、バラシクロビルなど)の副作用は、腎機能障害です。腎機能に応じて投与する必要がありますが、御高齢者は潜在的に腎機能が低下しており、さらに疼痛で水分摂取困難になり、腎機能が悪化⇒薬の副作用が強く出る、ということを複数回経験しました。

腎機能に影響なく処方できる薬としてアメナリーフがあります。僕はアメナリーフを基本的に処方しています。1日1回、1回2錠を7日間服用します。

②鎮痛薬

鎮痛薬として、ロキソニンなどの痛み止めと、リリカやサインバルタなどの痺れを抑える薬を使用します。

※リリカとは

神経痛(ピリピリ、ビリビリする痛み)に使用する薬です。神経の興奮を抑えることで痛みを消します。神経の興奮が無くなるため、眠くなるのが一番の副作用です。眠くなりながら痛みを忘れていくというイメージです。生活ができるギリギリの量まで増やしていき、痛みを取ります。

※サインバルタとは

抗うつ薬としても認可をうけている薬です。痛みにかかわる神経物質を調節し、鎮痛をはかります。徐々に増量していき、効果が出てきます。リリカと比べて効果発現に時間がかかるため、まずはリリカを使用します。

③神経ブロック

ウイルスが暴れた神経に直接麻酔を打ち、鎮痛を図ります。非常に有効な治療ですが、繰り返し投与が必要で、発症から早い方が効果が強いです。疼痛が強い人は1週間~1か月までにブロックを開始します。ブロック注射はペインクリニックでの実施となります(当院で対応できません)

※帯状疱疹後神経痛の程度は人によって千差万別です。強い方では数年間痛みに苦しみます。

<帯状疱疹ワクチンについて>

2016年から、帯状疱疹の予防のために、50歳以上の成人に対して水痘ワクチン(子供が打つのと同じワクチンです)を接種することが推奨されています。アメリカ・カナダ・オーストラリアでは60歳、70歳でワクチン接種が推奨され公的補助もでます。投与している国々では、帯状疱疹の発症頻度、発症した場合の痛みの頻度が明らかに低いとされています。

ワクチンは自費になります。5000円~7000円くらいで投与している医療機関が多いです。ワクチンの有効期間は10~15年とされ、発症頻度が60歳を超えたあたりから増加していることを考えると、60歳・70歳で投与することが望ましいです。ご希望の方はクリニックにお電話ください。ワクチンを準備いたします。